TPOで決める着物

様々な着物のコツ紹介

着物買取を賢く使って和装小物コーディネート

若い人たちにもちょっとした着物ブームが訪れています。自由な発想でカラフルな小物を取り入れたコーディネートも新鮮です。

和装というと堅苦しいイメージで、ルールや決まり事が多く手を出しにくいと感じる人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。時と場所さえ選べばモダンにもカジュアルにも着こなすことができます。まずは手持ちの着物に小物を使ってアレンジをする技を覚えましょう。

着物の中に合わせる襟は、季節によって色合わせや意味がある昔からのおしゃれポイントです。白だけでなく、いろんな色をそろえて変化を持たせることができるのも着物の醍醐味です。足袋や帯留めなどの小物でも遊んでみましょう。足袋の定番も白ですが、最近では柄物などの変わったものも探すことができます。

実践することはお勧めしませんが、ある大女優が帯留めを忘れて電話コードを使ったというのは本当の話です。発想を変えればいくらでも新しい挑戦ができます。

この挑戦を後押ししてくれるのが着物リサイクル店です。高級呉服店などはなかなか足を運びにくいものですが、リサイクル着物店は、着物買取などで不要になった着物をリサイクル販売しているので、リーズナブルに和装を楽しむことができます。もちろん不要になった着物も着物買取で再利用できるので、増え続ける着物に困るということもありません。一着からでも買い取ってもらえ、たくさんある場合は着物買取業者に訪問してもらうこともできます。

着物買取できるものは高級呉服はもちろん、普段着の小紋や帯など一連のものならなんでも査定してもらえます。状態のいいものやアンティーク品などは、思わぬ査定金額が提示されることもあり、掘り出し物として販売されていることも考えられます。

自由な発想を楽しんでほしい着物ですが、結婚式や茶会などのかしこまった席などでは少し気を使うことも必要です。和服にも正装というものがあり、家紋や色などふさわしい装いというものを要求される場合があります。

しかしそれ以外の場面では、自由にいろいろなコーディネートを楽しんでもらいたいものです。若者に限らず、年配者でもかっこよくモダンな着こなしをされている女性は、背筋もピンとして颯爽としています。時に大胆な色使いでも、和装では奇抜になりすぎないのがいいところです。

着物買取、リサイクル店を賢く利用して、たくさんの着物体験をすることが着物上級者になるための早道です。お店に足を運ぶだけでもいい刺激になるでしょう。