TPOで決める着物

様々な着物のコツ紹介

着物買取はTPOに合わせた種類を

着物にはたくさんの種類があるため、着物買取をしてもらう場合は、TPOに合わせた着物を査定してもらう必要があります。

着物は正月やお祭りなどの年中行事や、結婚式や葬儀などの冠婚葬祭に合わせて、TPOで選ぶことが一般的です。まず礼装として着られるのが、黒留袖、色留袖、振袖、喪服です。

黒留袖は既婚女性の第一礼装であるため、結婚式などの正式な場で着るものです。裾に模様があり、比翼仕立てで5つ紋を入れ、柄は全体的に松竹梅や宝尽しなど縁起のよい柄が入ります。長襦袢は白にし、帯は金銀等の袋帯や丸帯を、帯揚げ、帯締めは白金のものを使います。

色留袖は基本的には5つ紋のものであれば黒留袖と同格に扱われます。最近では、親族の結婚式に色留袖を着る人も多く、紋の数を一つ紋または3つ紋にすることもできます。叙勲や園遊会では5つ紋付比翼仕立てを着ます。長襦袢は白が一般的ですが、紋の数によっては白以外でも合わせられます。帯は着物に合わせて袋帯や丸帯を選びます。

振袖は袖丈が長く、華やかな柄の着物で、未婚女性の第一礼装として着られます。現在では、一般的に成人式で着られます。若さを生かすために大きめの柄で色使いも多彩で、華やかな印象を与えます。帯は袋帯や丸帯で合わせます。

喪服は黒紋付きとも言われ、黒一色の五つ紋付の着物で、葬儀や告別式、法事で着用されます。未婚、既婚を問わず主として近親者が着るものです。

略礼装として、訪問着や付下げ、色無地、小紋、紬があります。

訪問着や付下げは、ファッション要素を兼ね備えた準礼装の着物で、結婚式のお呼ばれからパーティ、お茶席など幅広く着用できる上、着る人の年齢に合わせて色や柄も豊富です。長襦袢は無地やぼかしを選び、帯は袋帯で着物の格と合わせます。

色無地は白生地を一色で染めた無地の着物です。一つ紋を付ければ略礼装となるため、式典、お茶席、法事など幅広い用途で着用できます。また、江戸小紋も同じように色無地として着用できます。帯は袋帯や織の名古屋帯を使用します。

小紋は型染めの総柄の着物の総称を指し、お洒落を広範囲で楽しめます。お出かけ着として、自分の好みに合わせたり、パーティや観劇、ショッピング、お稽古などに着ることができます。長襦袢は、無地やぼかしのほか柄物でもよく合います。帯は織や染めの名古屋帯をします。

紬は真綿から手で紡がれた糸で織った絹織物で、昔は家着とされていましたが、最近では街着として着られています。肌になじみが良く、独特の味わいがあり、着物買取でも人気です。帯は名古屋帯や八寸帯を使用します。

着物買取では、振袖や紬、留袖、小紋が人気です。黒留袖には家紋が入っているので着物買取では価値が付かずに買取できないと思われがちですが、生地の色が黒の場合、貼り紋をすることで紋を変えることも可能なので、着物買取りの段階でマイナスポイントになることは少ないようです。